チアシードの副作用が!効能もすごいが食べ方に注意も必要

      2016/03/23

3896822ba447f314843124e1351f10ae_s

「チアシード」というスーパーフードが大ブレイクしていますね。筆者の自宅の近所のホームセンターの小さな食品売り場でも、売っていて思わず買ってしまいました。

ゴマのような黒と白のつぶつぶに、いろんな栄養が入っている「チアシード」。はたしてその「チアシード」というのは一体どんな植物なのでしょうか?そして、筆者に起きた副作用から学んだ食べ方を紹介します。

スポンサーリンク

チアシードとは

シソ科サルビア属の植物の種で、抗酸化物やビタミンを含んだ、スーパーフードです。その成分は

  • 食物繊維
  • オメガ3脂肪酸
  • カルシウム
  • 鉄分

を含み、中でもオメガ3脂肪酸体内では作られない成分で、DHA(ドコサヘキサエン酸)と同様の働きをするんです。

ゴマよりも一回り小さい種ですが、水分を含むとゼリー状の成分が出てきて約10倍にふくらみます。

また他の食材とまぜるだけで、かんたんに調理することができるのも便利なんですよね。
水分を含むと10倍に膨らむ性質と豊富な栄養価で、2006年にも注目を浴び、最近でもアメリカで野菜ジュースやスムージーに入れて食べることが大ヒットしました。

私に起きた副作用とは!

チアシード入り紫キャベツと人参スムージ

チアシード入り紫キャベツと人参スムージー

そんな話題の初めてチアシードを買ってきて早速スムージーを作って食べてみました。

関連記事:目の疲れに効果的!にんじんの栄養たっぷりスムージーの作り方

1杯目は、チアシード大さじ1をお湯でふやかしてから、ニンジンと紫キャベツ、ハチミツを加えてミキサーにかけてスムージーに。その時はとてもおいしく、何もなかったのですが、その1時間後にふたたびスムージーを作りました。今度はあまりふやかさず、ミキサーにチアシード、野菜とヨーグルト、豆乳を加えてすぐミキサーにかけて、出来上がったものを飲み干しました。

■お年寄り、子供さん注意!喉が詰まる恐れも

1杯目に飲んだ30分後、また別な野菜でスムージを作り、二杯目を飲んだ時に、食道のあたりで詰まっているような感じになりました。「ゲップ」を出そうにも出てこないんです。この食道の違和感でお水を飲みましたが、ゲップが出ないので、食道に詰まった感じが残りました。

この「違和感」は食後数時間も残ったので、おそらく食道にチアシードが付着して膨らんだのではないかと思います。幸い、3、4時間経ってからゲップが出てきたので、大事に至りませんでしたが、飲み込む力が弱いお年寄りやお子様にはちょっと危険かなと思いました。必ず、ふやかしてから召し上がってください

■食べ過ぎは胸焼けがする

立て続けに大さ1杯のスムージーを飲んだ後は嫌な胸焼けがしてきました。その胸焼けは夜まで続き、なかなか治まりませんでした。チアシードは一日大さじ一杯が目安だと身を持って知りました。

10倍にふくらむ性質や、豊富な栄養素はダイエットには魅力的です。ですがやはり食べ過ぎは良くないんですね。

チアシードの食べ方のコツまとめ

  1. 使用する前に水など水分を含ませておく。
  2. 一日大さじ一杯程度が目安。
  3. ミキサーにかけるときは材料の最後に加える(ダマにならないようによく砕くため)

スポンサーリンク

 - チアシード