市販のダイエットサプリーαリポ酸(アルファリポ酸)の効果と副作用は?

      2016/04/05

ダイエットは食事のバランスと運動も大切ですが、カラダの中から脂肪を燃焼して、効率よくやせたいですよね。

288e5735b38ea9f2453963db15e13b06_s

私(30代)と母(60代)が健康のために始めたアルファリポ酸とコエンザイムQ10のサプリメントですが、いつの間にか1か月で2.5㎏痩せてしまったのです。

アルファリポ酸はダイエットの効果について、口コミで言われていたのは知っていましたが、コエンザイムQ10では痩せるということはあまり書いていないので、αリポ酸のお陰かな?と感じています。

そこでアルファリポ酸の仕組みはどんなものなか、効果や副作用が気になりました。

ということで、注目を浴びているアルファリポ酸の効能について調べてみました。

スポンサーリンク

α-リポ酸(アルファリポ酸)とは

アルファリポ酸は、別名「チオクト酸」と呼ばれる成分で、強い抗酸化作用がある言われ、疲労回復の効果で知られるようになったビタミンです。

ヒトの細胞にはミトコンドリアという小器官があり、このミトコンドリアが食事をエネルギーに変換する役目をもっているそうです。

このミトコンドリアの中に、アルファリポ酸が含まれていて、ミトコンドリアの補佐しているんですね。

ですので、体内にとっては必要な成分なのです!

また、抗酸化作用があるということはガンや動脈硬化の予防にも効果があるといわれています。

そして、ダイエットにアルファリポ酸が効果的といわれているのは、アルファリポ酸がブドウ糖を燃焼させてエネルギーに変換するサポートをしてくれるから。

アルファリポ酸は食品からも取れるのですが、その量は微々たるものなのだそうです。

ミトコンドリア、その中にあるアルファリポ酸も年齢と共に減少していくので、サプリメントなどで補うことで代謝を高めてくれて、疲労回復にも期待ができるとサプリなのです。

アルファリポ酸でよく使われるのは

  • 疲労回復
  • アンチエイジング
  • ガン、動脈硬化の予防
  • 糖、脂肪の代謝
  • 抗酸化作用

等です。

市販のアルファリポ酸摂取量

1日の摂取量が100㎎~300㎎といわれています。

私と母の場合、疲労回復と健康が目的でα-リポ酸が一粒に150㎎入っているもを1日に2錠、摂取量の最大300㎎を1か月飲んでいたのです。

すると、母が2.5㎏減、私は2㎏減。

ダイエットをしたかったわけではないのですが、アルファリポ酸のお陰なのか、脂肪が燃焼していたのでしょうか。

最近ではアメリカで市販されているサプリメントが、日本のものより安く、ネットで日本でも購入できます。

でも、アメリカのサプリメントは日本ものよりも含有量が多めなので、自分に合う量を知って取り入れたいですね。

アルファリポ酸の副作用は?

副作用として、人にによっては、インスリン自己免疫症候群 (Insulin Autoimmune Syndrome: IAS) による低血糖発作があるといわれます。

この低血糖発作は、血液中のブドウ糖が減ってしまうことでおこるようです。

主な症状では、めまいや動悸、発汗、息切れ、手足の震え、舌のしびれなどです。
(参考:α-リポ酸の安全性・有効性情報 (痩身効果との関連)

私の場合、軽い吐き気がしました。

食後、アルファリポ酸と一緒にコエンザイムQ10を飲んでいたのですが、毎回胸焼けがするので、どちらが原因なのか調べるために、時間を空けて別々で飲んでみたとろ、どうやらアルファリポ酸の方だったようです。

疲労回復や代謝を高めてくれるサプリメントですが、使用量を守って健康に役だてたいですね。

 

スポンサーリンク

 - ビタミン, 美容・ダイエット ,