引っ越し費用は一人暮らしの私でどれくらいかかったか?費用や安い方法は?

      2016/03/22

一人暮らし場合、ワンルーム分の荷物で引っ越し費用はいくらかかるか、ご存知でしょうか。

引っ越し

私は同じ市内6回、県外、道外に2回引っ越しをしているですが、一番高くて北海道→東京までで、引っ越し業者を頼んで11万円かかりました。市内など、近隣なら赤帽に頼めば安いですが、遠くの引っ越しはどこが安いか、どうやったら安く済むのか、実際に引っ越しを数回経験したことから学んだこと、引っ越しの安く済む方法など紹介します。

スポンサーリンク

 

引っ越しの準備・見積もり

契約している管理会社によりますが、引っ越しの1カ月前までに引っ越しを伝えないといけません。正式な日にちは決まっていなくても、とりあえず引っ越しが決まったらすぐ大家さんに引っ越しをする為、解約する旨を伝えます。

しかし、中には引っ越しの2か月までに解約届をFAX送らないといけないことろもありました。連絡が遅れると引っ越した後の1か月分の家賃も納めないといけないんでしょうね。引っ越すことが決まったら余分な家賃を払わなくて済むように、早めに連絡を。

引っ越し業者、北海道から11万円だった!

普段は赤帽のわたしですが、北海道から東京に引っ越した時は、引っ越し業者に見積もりの電話をかけました。

私の荷物は、

  • 小さい2ドア冷蔵庫
  • テレビ
  • 洗濯機
  • 洋服、衣装ケース
  • 引出
  • 食器
  • テーブル
  • カラーボックス
  • ふとん

等々、それなりに一人暮らし分の荷物はありました。

1社目に電話をすると、「すぐ見積もりに行きます」と言われ、日程の調整。結局翌日に予約しました。

すぐ2社目のサ〇イ引越センターに電話をすると「他の会社で見積もりとか取っていますか?」と言われ、「とっています」と答えると、「本日見積もりに伺います」とすぐ来てくれました。引っ越し業界は先手必勝ななのでしょうか。来てくれた人は若いけど、対応はベテラン営業マンって感じです。北海道から本州の場合、他の人の荷物を一緒に運ぶ「乗合」の方が安いと言われ、それでOKと返事をしました。

単身の少ない荷物を大きな一つのトラックで運ぶと、トラックの荷台があまるため、他の人の分も一緒に運ぶことで安くできるという。話の流れでそのまま、その見積もりで決めてしまったのですが、金額が11万円だったのです

しかし、よくよく考えたら、冷蔵庫もテレビも洗濯機も古いリサイクルショップで買ったものだったので、引っ越した先で買えばよかった!と思ったのも後の祭りです。

一人暮らしの引っ越しを安く済ませるコツ

時間がなくて、お金がある場合は断然引っ越し業者を頼んだ方が早くて楽でいいです。

しかし、出来るだけ安く済ませたいという場合は

同じ市内の場合

友人や親戚に頼んで運んだりできればいいですが、それがない場合、引っ越し業者以外に赤帽さん頼むのがもっとも安いです。自分で荷造りをして、赤帽さんのおじさんが1人来てくれて、自分も引っ越しを手伝うのですが、料金は2時間で1.5万円くらいです(地域、土日、引っ越しにかかる時間などによって変わりますが)。電話で大体の荷物を伝えたら、金額を教えてくれます。

参照:赤帽ホームページ

荷物の量が多ければ、軽トラック1台で何回かに分けて運ぶ必要があるので、その分時間がかかりますが、赤帽のトラックは背が高く、意外と荷物が入るので、一度で運べました。

海を渡る引っ越しの場合

東京から北海道など海を渡る引っ越しの場合は、荷物を全部運ぼうとすると高くなります。10万円は軽く超えるでしょう。ですので、物を精査して引っ越した先で買った方がいいもの、安く買えることも考え、今持っている家具や家電など。捨てたりリサイクルショップに売ったりしました。順番は、

  1. 古い大きな家電は売るOR処分する
  2. カラーボックス、棚は捨てる
  3. ゆうぱっくで送る
  4. はこBOONで送る

です。では具体的にどうするかというと、

古い冷蔵庫や大きな家電は売るor処分

古い冷蔵庫や洗濯機は5年以上前のものだと、リサイクルショップでも売れません。

古いノートパソコンがあれば下記の記事を参考にしてください。

関連記事:ノートパソコンの処分の方法

冷蔵庫や洗濯機を処分するには、

  1. 自分でゴミ処理場に持っていく(詳細:家電リサイクル券センター
  2. 片づけ業者や近くの電気屋さんにリサイクル料を払って破棄を頼む

方法があります。自分でごみ処理場に持っていくのが一番安いですが、リサイクル券を購入して持っていく必要があります。またもう一つの方法、片づけ専門の業者に引き取りに来てもらい、処分してもらいますのでリサイクル券をこちらで買う必要がありませんでした。

ちなみに、私は冷蔵庫と洗濯機を合わせて4社に見積もりを出したのですが、2つ合わせて一番安いところで9900円。高いところでは16000円でした。

リサイクル券の料金として必ずかかる金額は

冷蔵庫(小) 3,672円 (税抜3,400円)
洗濯機 2,484円 (税抜2,300円)

ですので、私が見積もってもらった安いところ、9900円の内訳は、

9900円にはリサイクル料3672円+2484円が含まれているので、この業者の手数料は3744円ってことになります。

 

カラーボックス、棚は捨てる

地域によって金額が異なるかもしれませんが、ごみシール(200円~500円)を買って、粗大ごみ(大型ごみ)で出します。大型ごみは予約制で引っ越しが多い時期だと、予約がいっぱいになるので、希望の日にちが取れないこともあり注意が必要です。

なお、冷蔵庫の時に頼んだリサイクル・片づけ業者に、他の家具も合わせて見積もることできます。シールを一つ一つに買ってゴミに出すより、一緒に出した方がいいかもしれません。

捨てたり、売ったりで大きなものがなくなったら、あとは発送です。

ゆうパックで送る

大型のもの、不要なものは処分し、後は全部ゆうパックとはこBOONで送りました。

img_boxsize

ゆうパックは重さが30㎏、3辺の合計が170㎝までなので、重いものはゆうパックで送りました。ゆうパックのいいところは、集荷に来てくれるので、箱に詰めたら電話で都度発送しました。

ヤマトの単身引越サービス・らくらく家財宅急便でコタツを送ると高くなりますが、この大きさ内であれば、コタツも折りたたんで送ることができます。

【ゆうパックで発送したもの】

  • 本(30㎏ギリギリまで)
  • コタツ
  • 食器

はこBOONで送る

はこBOONというのはファリミーマートとヤマトがやっているサービスで、大きさではなくて、重さによって送料が決まるサービスです。ただし、集荷はしてくれないので、持っていかなくてはならいのですが、荷物によってはゆうパックより安いです。例えば衣類など、軽いけどかさ張るものが適しています。

詳細:はこBOON

はこBOONのホームページより品物を登録して、商品を持っていきます。衣類や布団など大きくてかさ張るものが適しています。本は重いのでゆうパックを利用しました。

【はこBOONで発送したもの】

  • 衣類
  • ホットカーペット
  • 雑貨

結果

北海道と東京の引っ越しで、トイレットペーパーなどの大き目の段ボール(3辺の合計は170㎝)を使い、荷物の個数は合計8個。ゆうパックとはこBOONで送った結果、梱包やその他合わせ、なんと30,000円ほどでした。

ポイントは古い洗濯機と、冷蔵庫は捨てて、他はゆうパック、はこBOONを利用するという事でした。

普通なら引っ越し業者を使うと10万円以上かかるところでしたが、節約して思った以上に安く引っ越しが出来た体験でした。浮いた分で新しい洗濯機、冷蔵庫を購入できますね。

 

スポンサーリンク

 - 引っ越し, 生活の知恵 , ,