ニオイも取れる!重曹掃除の効果的な使い方

      2016/03/13

洗面台に重曹

重曹とは「炭酸水素ナトリウム」で、別名、重炭酸ソーダとも呼ばれています。

常備しておくと本当に便利な魔法の粉「重曹」。「掃除には重曹がいい」と巷で言われているのですが、正しい使い方が分からなかったりしませんか? 私はカセットコンロの汚れを取るために、重曹を振りかけてゴシゴシとこすったら、重曹の研磨作用で塗装が剥げてしまったことがあります。

そこで今回は、重曹の性質を知り、失敗をしない効果的な使い方と注意点をまとめてみました。

スポンサーリンク

重曹が使えないものとは?

便利で何にでも使えるのかと思いきや、重曹を使ってはいけないものをあります。その代表的なものは、

アルミ鍋:重曹とアルミで化学反応を起こして、アルミが黒ずんでしまいます。雪平鍋など気をつけましょう。

:いぐさに含まれているタンパク質で畳が黄色に変色します。

白木:たんすなどの白木は水そものもを含むと変色の原因になります。

アルミ、畳、白木。この3つは使用に注意したいものです。その他にもデリケートな衣類には使用しないようにしましょう。

重曹の種類を知って正しく使い分け

重曹今では100均でも売っている重曹ですが、実は薬用、食品用、工業用(掃除用)と濃度の違いによって3種類に分かれています。100均でも食品用に比べて掃除用だと量が多く、コストパフォーマンスがいい!と思っていましたが、純度によって値段が高くなるので、安い掃除用はやはり食べ物に使うのはNGですね。ですので、用途に合わせて重曹を選びましょう。

薬用は、スキンケアや食べ物に、食品用は食べ物、掃除に適しています。

スキンケアに使用したい場合、間違っても掃除用を選ばないように、製品の裏に書かれている用途を確認しましょう。

関連記事:重曹のスキンケアー歯磨き、洗顔、入浴のやり方

重曹の効果と機能

野菜の灰汁を出す作用以外に、重曹の効果が期待できるのは、以下の5つの作用があるからです。

弱アルカリ性

アルカリ性ですが、中性に近い弱アルカリ性のため皮膚にやさしく刺激もすくないので、安全です。

研磨作用

重曹の細かい粒子が、クレンザーのように鍋やガスコンロについた焦げを落とします。

発泡作用

重曹はアルカリ性のため、お酢などの酸と混ざると二酸化炭素を出して中和します。シュワシュワと出てくる発泡作用がお掃除に役に立ちます。

ニオイ消し

悪臭の原因が酸性なので、アルカリ性の中和作用がニオイを消してくれます。効果が約2か月あります。

中和作用

アルカリ性の重曹が、焦げや悪臭などの原因である酸性の成分と混ざることで、中和されるのです。

除湿効果

空気の中の水分を吸収する効果があるので、ムレた靴に入れておくと便利です。

軟水作用

硬水か軟水かはマグネシウム、カルシウムの量によって分けられます。多ければ硬水、少なければ軟水です。日本の水道水は殆ど軟水ですが、水道水に含まれるマグネシウム、カルシウムなどの金属イオンの量を減らす作用があります。余談ですが温泉にも「重曹泉」というのがあるように、重曹を含んだアルカリ性のお水は美肌効果があると言われています。

重曹の効果が発揮する使い方【掃除】

重曹

生活のあらゆる所で重宝する重曹。適材適所のように、場所や物、質によって効果的な使い方を紹介します。

コゲついた鍋

かぼちゃを煮ている時にうっかり焦がしてしまったのですが、重曹を入れて洗ったらスッキリかんたん落ちました。使い方は、

  1. 焦げついた鍋に、お水を入れ沸騰させます。
  2. 濃いめの重曹(100gくらい)を入れて、一晩おいてから洗います。

鍋の外側、ステンレスのヤケ

やかんや鍋の外側などのステンレスが茶色に変色したら、重曹を直接振り掛けて、スポンジで落とします。

ガスコンロ

油でベトベトになった魚焼きグリルは、重曹と石鹸をつけた「たわし」で洗います。油汚れを予防する方法として、重曹をグリルに敷いておくのもよい方法です。同様にガスコンロの五徳にも重曹を振り、たわしでこすります。

スプーンやフォークのくもり

水で湿らせたフォークに重曹を振り掛けて指などでこすります。

茶こしの黒ずみ、湯飲み・急須の茶しぶ

重曹を水でしめらせたペースト状のものを指で塗って、ゴシゴシと洗います。その後綺麗に洗い流します。

排水溝

排水溝や、排水口のぬめりや汚れ、匂いに効果的なのは重曹と酢、またはクエン酸です。酢と混ざり発泡作用が汚れを落としてくれます。

  1. 排水口やその周りに重曹を1カップ振り入れます。
  2. 同量のお酢を沸騰させて、排水溝にかけます。
  3. そのまま2、3時間放置して洗い流します。

ニオイ消し

水筒

水筒の独特なニオイってなかなか取りにくいですよね。そんな時も重曹が効果的です。

  1. 重曹を大さじ2入れてお湯を入れ、
  2. 蓋をして振ります。
  3. 後は水でよくすすぎます。

ゴム手袋

ゴム手袋の中に重曹を入れてよく振ります。その後は洗い流さずにそのまま着用すると、すべりもよくなり、一石二鳥です。

タッパー

重曹をふり入れてスポンジを水で濡らしてよくこすります。その後水で流します。

靴のニオイには重曹を振り入れ、一晩おきます。履くときに重曹をふるい落とします。また、重曹を古い靴下などに入れて袋状にし、消臭袋として靴の中に入れておくのも効果的です。

スポンサーリンク

 - 生活の知恵, 重層 , ,