格安スマホと格安SIMか、Y!モバイルではどちらがお得か?

      2016/03/16

IMG_1329_R先日、母のiphoneが、auの2年契約更新の月を迎え、このまま継続して持つ場合(月の割引がなくなってしまうため)8000円以上もかかるということがわかり、契約を更新せず格安SIMに乗り換えようと検討していました。

母のスマホはSIMフリーではなく、auのiphoneなので、auのSIMしか使えない”ロック”がかかっております。

最近ではそのSIMロックを解除する”SIM下駄”もアマゾンなどで売っていますので、ロック解除して、格安SIMを契約するべきか悩んでいました。

スポンサーリンク

そもそも格安SIMとは?

そもそも格安SIMとは、携帯電話に入っている「SIMカード」と呼ばれるICカードを、ドコモ、au、ソフトバンクではなくて、プロバイダーなどが発行しているSIMカードです。

ドコモやauなどのキャリヤより安いSIMカード

携帯電話やスマートフォンはこのSIMを通して、電話をしたりインターネットの通信を行っているのですが、この通信する回線をドコモやauから間借りして、通信をするSIMカードがドコモなどのキャリアより月の利用料金が安いので、「格安SIM」と呼ばれています。大手プロバイダーのOCNなど提供している会社はMVMOと呼ばれています。

格安SIMにあう端末が必要

格安SIMを使うには、simフリーのスマートフォンか、auやドコモのスマートフォンが使える格安SIMでしたら、そのSIMが使える端末にしなくては使えません。

例えば今使っている端末が、ドコモやauのスマートフォンでしたら、そのどちらかの回線を使っているSIMを選べば使用できるのです。またはどこのSIMでも使えるSIMフリーの端末を用意する必要があります。

電話でよく話す人ならY!モバイルがお得かも?

さてさて本題ですが、うちの母の場合、auのスマートフォンで一括で購入したので本体代金はかかっておらず、月月割を引くと3500円ほどでした。それに毎月の通話料は1000円から1500円ほど発生していたので、4500~5000円を超えていました。

さらに家のインターネットも、固定回線を引かずテザリングをしていたので自宅のネット回線代はかかっていません。

比較した対象は、auのiphone5sからの乗り換え先として、端末もそのまま使えるau系の格安sim「mineoマイネオ」、「UQ mobile」と格安なキャリア「 Y!mobile(ワイモバイル)」で検討しました。

それぞれを計算してみますと、

mineo(マイネオ)の場合は?

auの端末が使える回線、mineo(マイネオ)の格安SIMに変更した場合にかかる通品費はというと、、、

■端末代金 auのiphoneを使うのでナシ
■月月の料金 デュアルタイプ(データ通信+090音声通話)5GB 2,190円

安い!と思っていると思わぬ落とし穴が。なんとiphine5sはテザリングが出来ないのです。

mineoJPG

マイネオの公式HPでiphone5sが使えるかチェックしてみました。結果、テザリングができないと判明。

家のパソコンはスマホでテザリングしてお金を節約していたのですが、テザリングが出来ないとなると、新たに家にネット回線を引くか、モバイルルーターを契約しなくてはなりません。

そうなると、家のネット回線分を入れると高くなってしまいます。さらに、通話料が1000円から1500円かかることを想定すると、

■mineo(マイネオ) 2,190円/月
■通話料 約1500円
■家のインターネット回線 約2500円/月(モバイルルーターにした場合)

トータル 6190円

UQ mobileの場合は、3GBか無制限しか選べない

auのiphone5sを使える格安simは、もう一つ、UQ mobileがあります。しかし、プランがデーター回線の容量が3GBか無制限かの2つしかありません。そのプランに音声プランを追加する形になります。

テザリングは出来るので良いのですが、容量は3GBだとスマホと家のパソコンとでは足りなくなってしまいます。

無制限にした場合の料金が、

■データ無制限+音声通話プラン 2,680円/月
通話料 約1500円

トータル 4180円

Y!mobile(ワイモバイル)他社から乗り換えデータ量2倍、10分無料通話あり

Y!mobileはスマホのキャリアの中でも安いキャリアです。通話料も10分間無料で300回まで使えるところが優れもの。他社のキャリアだと無料通話が5分間だったりするのでお得感があります。

2015年9月から始まった他社から乗り換えでデータ量2倍キャンペーンはまだやっていました。通常Mプランで3GBのところ、他社から乗り換えだと2倍の6GBになるんです。

公式オンライショップでよく数日チェックをしていると、なんとアウトレットの端末が安い!

yモバイル

Y!モバイルでアウトレットになった端末でMプランで契約する場合の金額

アウトレットだが、テレビも見られるシャープのAQUOS CRYSTAL Y 402SHが端末代金込で、3GBのMプランで2,678円/月。

これは最初の一年間だけ1080円の割引が入っての価格でした。13か月目から1080円加算されるとしても3758円です。

auからの乗り換えになるので、データ量の3GB→6GBに。

もちろんテザリングもできるし、家のパソコンでも使用できます。

通話は10分間だけ無料なのであまり気にしないで電話できます。

結局、Yモバイルオンライショップから申込みました。最近はiphone5sまで端末が加わっているし、ちょくちょくチェックしておくと、思いがけず、イイ買い物ができるかもしれません。

まとめ

今回は通信費を安くするため、スマホと家のPCをテザリングして通信費を安くできるように検討してみました。母の場合、ネットで動画は頻繁には見ませんが、いろいろ検索したりするのでパソコンでもインターネットができるテザリングも必要です。自宅に回線を引くほど利用してもいないので、スマホでまかなえたらいいのです。

なので、条件は

  • 容量は3GB以上は欲しい
  • テザリングをしたい
  • 端末代金にお金はかけたくないので、今使っているauのiphine利用か、安い端末でOK
  • 今の電話番号を変えたくない
  • 現状通話料も1000円~1500円かかっている

比較表

mineo(マイネオ) UQ mobile Y!mobile(アウトレット端末)
プラン名 auプラン デュアルタイプ(データ通信+090音声通話)5GB データ無制限+音声通話プラン Mプラン(3GB)※乗り換えは6GB
月額料金 2190円 2,680円 2,687円(一年目)3,980円(以降)
通話料金 20円/30秒 20円/30秒 10分無料/300回、20円/30秒(10分超過分のみ)
考慮 ・ihone5sはテザリングできないので、新たに端末が必要

・通話料金が毎月1500円はかかる

・テザリングできる。

・通話料金が毎月1500円はかかる

・端末代金込

・通話を10分以内にすませれば、通話料はかからない

あまり通話をしない、毎月使う通信容量が少ない方には格安SIMの方が安くていいのですが、他社から乗り換えで、電話するのであればY!mobile(アウトレット端末)がいいのかも知れません。

スポンサーリンク

 - 格安SIM, 生活の知恵, 節約術 ,