過去のトラウマ・悲しみ「ペイン・ボディ」の解放とはーエックハルト・トール

   

ペイン・ボディとは、

Processed with VSCOcam with g3 preset

ペインボディとは、あなたの中にある過去の痛みのこと。過去のトラウマや、小さい頃に受けた悲しみ。なかなか癒えない心の痛みのことをドイツの哲学者エックハルトトール師がこう名をつけました。

ストレスの根本はもしかすると、このペイン・ボディなのかもしれませんね。

エックハルトトール氏の「さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる」と、「ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる」はおすすめの本ですが、その中から、ペインボディについての話、そしてこのペイン・ボディについて、解放する方法を抜粋して紹介します。

スポンサーリンク

あなたが体験した
すべての感情的な痛みは、
あなたの心と体に住みついています。

その感情の痛みに
意味を持たせ続ける限り、

あなたはその痛みから
解放されることはありません。

その痛みがいつ間にか
あなたそのものになっていたことに
気が付いてください。

そうなってしまったら、
手放すのは大変かもしれません。

でも、
それに気が付けば、
痛みから自由になるのです。

無意識に生きてきたことによって
生まれた痛みは
必要のないものです。

感情は
頭と体が出会って湧き起るものです。

感情は「頭」が考えたことに対して、
「体」が肉体的に反応したものなのです。

思考が自分だと思って、
あならが「今」この瞬間を
生きていなければいないほど、

あなたが
目覚めて生きて
いなければいないほど、

どの感情はどんどん強くなります。

でも、
あなたがそのペイン・ボディを
観察した瞬間

その痛みを意識できた瞬間
ペインボディと思考のつながりを
絶つことができるのです。
そこに
新しい次元の
意識が誕生するのです。

魂が生き始めるのです。

もうあなたは
完全にペイン・ボディの観察者となったのです。

もう、
完全に心の強さを手にしたのです。

あなたは今から、
そして・・・
これからずっと「今」に生きることになるのです。
自分が何かを感じているかを
しっかりと感じてみて。

そうしたらそれは、
あなたのペイン・ボディのおしゃべりなのだと

受け止めて

深く考えないで

それから、

決めつけることもしないで。

ただ、
観察している自分がいるのだと
認識すればよいのですから。
思考は意識しなければ存在しないもの。

だけど、

意識には思考は必要ないのです。
身を任せるとは、
今この瞬間を受け入れるということ。

それは、
こころの内にあるすべての
抵抗から離れていくということ

「身をまかせること」

「あきらめること」

を間違わないでください。

あきらめ・・・そこにはまだ抵抗があります。

身をまかせることは、
すべての抵抗と
判断を手放すことなのです。

きっと・・・
味わったことのない
心の安らかな感覚が訪れてくることでしょう。

喜びと至福に
満たされることでしょう。

そして、
その無上の喜びこそが愛だと知るでしょう。

愛でできたハートを感じることでしょう。

関連記事:死にたい、消えたい、助けて!と思ったらやってみる7つのこと

スポンサーリンク

 - ペインボディ, メンタルコントロール ,