潜在意識の達人!人生を良くする中村天風の言葉-サゲスティビリテートとは

      2016/04/20

自分の潜在意識を開発して怖れや不安を解消したですよね。その為にはどうしたらいいのでしょうか。

今でいう「潜在意識」を強化した方法を提唱していたのは、中村天風さんです。彼はひょんなことから、ヨガの達人にインドに連れて行かれ、そこで自ら叡智を得ました。

今回は、簡単に心の使い方を説いた話を紹介します。

サゲスティビリテートとは

「じゃあ、どうすりゃできるか。
心は、心に特殊の方法を行わなきゃできないの。

その心に行なう特殊の方法とは何か。

学問的にいうと、人間の心の中にサゲスティビリテート
(Suggestibilitat)というものがあるんです。これ、誰にでもあるのよ。

日本語に訳すと「感応性能」。

これが人間の心をさまざまに動かす原動力だ。
これを使用しないと、たとえどんなに名僧のお経を聞かされても、
お説教を聞いても、バイブルを朝から晩まで読み通しに読んでも、
宣教師や牧師にどんなに神様が偉いか聞かされたって、
少しも自己自身は甦りゃしませんよ。

ただ一時的にいいなあと思っただけでもって
人生がよくなるんじゃないの。

現実に感応性能を強くしなきゃだめなんです

スポンサーリンク

感応性能を強くするには?

この感応性能を強くするには、
三つの条件が解決されなきゃいけないんです。

第一が観念要素の更改(※1)
第二が積極観念の養成(※2)
第三が神経反射の調節(※3)

この三つのことが完全に行われない限り、
どんなことをしても感応性能は強くならないんです。
したがって、結果においても心は強くならない。

そのかわり、この三つの条件が解決されると、

「あれ、これが本当の自分かいな」

と思わざるを得ないほど、打って変わって心に強さができる。」

(※1)観念要素の更改(心に良い習慣をつくる)
・心の働き:潜在意識の中に考えさせる素(観念要素)が入っていて、その素が材料となって、心の表面にある実在意識というものが働く
・心というものは、万物を作る宇宙根源主体の無限の力を、自分の生命に通ずるパイプと同様な物

 

(※2)積極観念の養成 ・内省検討・・・・全てを客観的に考えるという特定意識を習慣付ける
・暗示の分析
・交人態度・・・・できるだけ積極的な心の人と付き合う
・苦労厳禁

 

(※3)神経反射の調節 ・天風式クンバハカ法:ショックを受けたら体の三ヶ所、肛門を締め、お腹に力を込めると同時に肩を落とす
こうすれば心には感じても、神経系統に影響を与えない。

詳しいやり方については、こちらの記事をお読みください。
中村天風の観念要素の更改・神経反射の調節・クンバハカ法

スポンサーリンク

 - メンタルコントロール, 自信をつける方法, 運命を拓く ,